ギブストンの記事

先日4月24日、ギブストンバレー・ワインズは、商業用ぶどう収穫25周年を迎えました。ギブストンバレー・ワインズが所有する8つのヴィンヤード中、最古である「ホームブロック(Home Block)」ヴィンヤードにて記念すべき収穫が行われました。

25年前の1987年に収穫されたぶどうは、翌年1988年にセントラルオタゴ初のワインとして出荷されました。ピノ・ノワール、ピノ・グリ、そしてミューラー・トゥルガウとゲヴェルツトラミナーのブレンド、合計900本でした。その後ギブストン・バレーのピノ・ノワールは、海外でも評価され、現在のセントラルオタゴのピノ・ノワール知名度向上に多いに貢献しました。

ギブストンバレー・ワインズの創始者 アラン・ブレイディ

ギブストンバレー・ワインズの創始者 アラン・ブレイディ(c)Mountain Scene

ギブストンバレー・ワインズの創始者アラン・ブレイディ(Alan Brady)が、セントラルオタゴ特有の気候や環境に潜在的な可能性を見出して、4ヘクタールの土地に初めてピノ・ノワールのぶどうを植えたのは1983年のことです。当時人々は雪を頂く山々に囲まれたところにぶどうを植えるアランは気が狂っていると噂したものですが、現在ではセントラルオタゴワイン産業における偉大な先駆者の一人として考えられています。

そして、「ホームブロック」のぶどうからは、その樹齢や根の深さ、ぶどうの複雑味が影響して、非常に限られたワインが現在でも造られています。「ホームブロック」のピノ・ノワールから造られるシングルヴィンヤードワイン、「Le Maitre(ル・メートル)」ピノ・ノワールのラベルには、アラン・ブレイディが描かれています。アラン・ブレイディはセントラルオタゴにおけるワイン造りの「ル・メートル:名匠」といったところでしょうか。「Le Maitre 2009」近日中に発売予定です。

セントラルオタゴは、現在100以上の生産者により2000ヘクタール以上のビンヤードから、年間約7000トンのぶどうが収穫されています。

2012年4月29日

ギブストンバレー・ワインズの詳細は
ワイナリー紹介ページへ。

関連するスタッフブログの記事
https://otagowinerytour.blog.fc2.com/blog-entry-168.html

ワイナリーの特徴

ワイティリクリーク・ワインズのロゴ 「ワイティリ」とはマオリ語で「荒れ狂う水」を意味しており、ギブストンバレー地区の中でも東のはずれカワラウ川が渦巻くところに位置している家族経営のブティックワイナリーです。古い教会を再利用したセラードアーが風景の中に溶け込んでおり、こじんまりとした雰囲気がかわいらしいところです。 詳細はこちら

ワイナリーの特徴

Amisfield Wine Company アミスフィールド・ワイン・カンパニー クイーンズタウンより車で15分、四季折々に美しいと謳われるヘイズ湖のそばにセラードアーとビストロを持つワイナリー。そのワインもさることながらそのビストロの食事にも定評があり人気です。ワイン造りの信条は”Grown Not Made(ワインは造られるのではなく自然に育てられるもの)”です。 詳細はこちら

ワイナリーの特徴

ギブストンバレーのブレナンワインズ Brennan Wines ブレナンは、ギブストンバレーにヴィンヤード(ぶどう畑)とワイン醸造所両方を持つワイナリーです。家族経営の小さなブティックワイナリーの一つで、ブレナン家によって隅々にまで管理の行き届いたワイン造りが行われています。 詳細はこちら

ワイナリーの特徴

ペレグリンワイナリーのロゴ ペレグリンは、セントラルオタゴの岩だらけの険しい高地にしばしばみられるニュージーランド原種の鳥カレアレア(Karearea)と同じ種属のハヤブサです。ペレグリンが羽を広げて飛んでいる様子をイメージしたワイナリーの建物は、ギブストンバレーの中で人目をひきます。ペレグリンはワイン品評会で賞をとるでけでなく、建物を含めたワイナリー自体も世界的に評価を受けています。 詳細はこちら

ワイナリーの特徴

チャードファーム ワイナリー ロゴ カワラウ川の北側70m上に位置するチャードファームは眼下にはカワラウ渓谷、見上げれば雪を頂くカドロナ山脈といったように、ニュージーランドで最も印象的な風景をもつワイナリーの一つです。1987年に最初のぶどうを植えたのち、クロムウェルベイスンにもぶどう畑を広げ今ではセントラルオタゴでは規模の大きなワイナリーの一つになっています。 詳細はこちら

ワイナリーの特徴

ギブストンバレーワインズ ワイナリーロゴ セントラルオタゴのワイン産業における先駆者となったワイナリーです。屋内外にテーブルを置くレストランやチーザリー(Cheesery:チーズ製造販売所)が併設され、またワイングッズも豊富に置いてあり、ワイン以外も楽しめることから年間10万人の旅行者が訪れます。 詳細はこちら

南緯45度

 南緯45度に位置するセントラルオタゴは、世界最南端のワイン用ぶどう栽培地です。45度というのは北半球でいうと、フランスではワイン産地の一つ北ローヌ地方やブルゴーニュ地方、アメリカではオレゴン地方のウィラメットバレーとほぼ重なります。
 小さい地域でありながら急速に発展をとげており、特にピノ・ノワールは世界的に高い評価を受けています。 詳細はこちら

セントラルオタゴワイナリー訪問スタンダードツアー

バレルとワイングラス

クイーンズタウンから車で25分ほどの、ギブストンバレー地区の代表的なワイナリーを訪れます。半日で約3か所のワイナリーを訪れます。
お時間が限られている方や、まずはワインを気軽に楽しんでみたい方にお勧めです。
また、クイーンズタウン周辺観光スポットであるヘイズ湖やバンジージャンプ発祥の地であるカワラウ橋も、道中車窓から眺めることが出来ます。

時間 13:30 ~ 17:00 (約3.5時間)
料金 $140/大人お1人様 ($40/子供お1人様)
訪問ワイナリー数 3軒
訪問ワイナリー例 チャードファームギブストンバレーワイナリーブレナン、マウント・ローザ、ワイティリ・クリーク
最小催行人数 2名様
最大催行人数 8名様(9名様以上をご希望の場合はお問い合わせください。)
料金に含まれるもの 宿泊先(市内中心部)からの送迎
ワイナリーでの試飲代
日本語ガイド
セントラルオタゴワイナリー訪問プレミアムツアー

ピノ・ノワールのぶどう

クイーンズタウンから車で25分ほどのギブストンバレー地区をはじめ、さらに20分ほど離れたクロムウェル地区(バノックバーン地区、ロウバーン地区など)を訪れます。
セントラルオタゴ内のサブリジョン(小地域)を複数回ることで、土地によるワインの違いを試飲して比較することも可能です。
ワインにこだわりのある方、ワインを徹底的に味わいたい方にも満足していただけます。

時間 10:00~17:00 (約7時間)
料金 $260/大人お1人様 ($90/子供お1人様)
訪問ワイナリー数 5~6軒
訪問ワイナリー例 チャードファームギブストンバレーワイナリーブレナン、マウント・ローザ、ウーイングツリー、オウラム、カリック、アカルア、クォーツ・リーフ、スコットベース
最小催行人数 2名様
最大催行人数 8名様(9名様以上をご希望の場合はお問い合わせください。)
料金に含まれるもの 宿泊先(市内中心部)からの送迎
ワイナリーでの試飲代
昼食代
日本語ガイド